工事の流れ
お問い合わせ

まずはお気軽にご相談下さい。
外壁塗装の状態やどのような塗装が必要かまたは必要ないのかなどの診断は無料で実施しております。
メールまたはお急ぎの方はお電話でお気軽にお問合せください。
概算お見積り、匿名でも対応致します。相見積り大歓迎です。

下に
現地訪問・打ち合わせ

ご連絡を受けました内容を元に、住宅の劣化状況や不具合の有無を点検します。
お客様お立会いのもとで、現場調査をさせていただきます。
施工後のイメージを持っていただけるようわかりやすくご提案させていただきます。

下に
お見積もり

お見積りは点検報告書、点検調査写真、立面図、平面図、内訳明細等を用いてわかりやすくご説明します。
工事予定箇所の確認、打ち合わせ内容をもとに、プラン・お見積りをご提示します。
また、ご希望に合わせカラーシュミレーションも提出いたします。

下に
ご契約

プラン・お見積り内容にご納得いただきましたら、ご契約になります。
最終見積もり金額の一部を内金として納めていただきます。
信頼しご依頼いただきました内容を社員一同精一杯行います。

下に
詳細の打ち合わせ

工事日程、工程等、詳細の打ち合わせをします。
詳細決定後のご質問、ご相談、工事内容の変更等にも、出来る限り対応・調整させていただきます。

下に
作業開始
1.周辺へのご挨拶・足場の設置

作業を開始するにあたり、周辺の住宅などに粗品をもってご挨拶にまわります。
近隣様がお留守の際はご相談させていただきます。
その後、経験豊富な施工管理者の元、しっかりとした足場を住宅の壁面に沿って設置していきます。
足場設置の際の車両等のご相談は事前に行います。
2.高圧洗浄

外壁塗装工事では、塗料を塗る前に必ず高圧洗浄機で洗浄を行います。
近隣に配慮し高圧洗浄の水等が飛散しない様、足場にメッシュシートや必要に応じブルーシート等で養生します。
屋根や外壁を高圧洗浄する事で、カビや長年の汚れを除去し、密着不良等を防止し、塗装の耐久性を伸ばし仕上がりを美しくします。
3.下地処理

様々な外壁の種類がありますが、塗装面がモルタルの場合、クラック(ひび割れ)の発生等あれば、必要に応じコーキング処理等を行います。サイディングの場合、目地(ボードの継ぎ目)の劣化等あれば、目地の打ち替え、打ち増し等を行います。又、箇所によっては、鉄部の錆びや釘ぬけ等もある場合があります。
下地処理をしっかり行わなければ、雨水の浸入や塗膜の剥がれ原因になります。
4.養生

開口部(窓やドア)等、塗装しない部分に塗料がつかない様に養生していきます。
サッシや窓やドア等、塗らない部分にしっかり養生を行う事により塗料のはみ出しや漏れ、塗料の飛散等を防止し、仕上がりを美しくします。
5.下塗り

下地調整剤を使い下塗りという作業を行います。
塗装の基礎となる部分で、下塗りを行わなければ、密着不良をおこし、塗膜の剥がれや膨れの原因になります。
この作業を丁寧に行うことにより、ひび割れを防ぎ塗装の品質、耐久性が高まります。
6.中塗り

続いて中塗りと言われる第2回目の外壁面の塗装を行います。
仕上がりの塗料を塗装していきます。中塗りを行なう事により塗膜を厚くしていきます。
下地の状況によっては、下塗りと同じものを使用し再度塗装します。
足場設置の際の車両等のご相談は事前に行います。
7.上塗り

最後の仕上げの3回目の塗装、上塗りを行います。
外観の仕上げの最終工程になる為、表面に塗りムラ等ない様職人技で仕上げます。
8.確認・補修・清掃・検査

塗装の仕上がりの確認をします。念入りに確認を行う事で、塗り残し等を防止します。
また、必要に応じ補修を行います。確認後、清掃作業に入ります。
塗装の作業は終了し、お客様と確認、立会検査を行い足場解体の流れになります。
9.足場の解体・作業完了

最終確認を行った後、塗装した部分を傷つけてしまわないよう丁寧に足場を解体していきます。
お支払い

最終見積もり金額をお支払いいただきます。
※ご契約時に内金を納めていただきましたお客様には残金のお支払いになります。



最近の記事

  1. 一般住宅の外壁塗装や小屋や倉庫など5点の施工事例を紹介しています。ご参考にしてください。
  2. マンションの外壁・屋根塗装になります。
  3. 鉄骨部分の塗装を行いました。さびを剥ぎ落とし、さび止めを塗ってから塗装を行いました。